基礎工事(住宅02)

  • 根掘り

    根掘り

    北海道の寒い冬でも工事が出来ます。

  • 鉄筋検査

    鉄筋検査

    設計図通りの寸法であるか確認します。

  • 鉄筋検査

    鉄筋検査

    鉄筋全てを確認します。

  • お湯まき

    お湯まき

    確認後、雪を溶かすためお湯をまきます。

  • お湯まき

    お湯まき

    確実に溶けるのを確認しながらまいて行きます。

  • お湯まき

    お湯まき

    ベース内の雪、全て溶けました。

  • コンクリート打ち

    コンクリート打ち

    雪を溶かしてからコンクリートを流して行きます。流す前にコンクリートに耐寒材を入れることによってコンクリートが凍結しなくなります。

  • 墨だし

    墨だし

    これから設計図通りに建物の位置を出して行きます。位置を出すことを墨だしと言います。

  • 型枠工事

    型枠工事

    設計図通りに型枠を取り付けて行きます。

  • 型枠工事

    型枠工事

    階段の鉄筋も設計図通りかを確認して行きます。

  • コンクリート打つ前

    コンクリート打つ前

    設計図通りの寸法や位置を再度確認して行きます。

  • コンクリート打つ前

    コンクリート打つ前

    木造との取り合いを決めるアンカーボルトの位置も確認して行きます。

  • コンクリート打ち

    コンクリート打ち

    コンクリートが行き渡る様に、ここで振動棒を入れます。

  • 養生

    養生

    コンクリート打ちが終わると同時に建物の基礎部分を囲います。囲いの中でストーブを焚き、中の温度が5℃以下にならないように徹底します。

  • 養生

    養生